カテゴリー
未分類

PDCAでは、追いつかない!速攻仕事サイクル

プロデュースで活かしたOODAサイクルとTEFCASサイクル

プロデュースをする上でも、時間はとても貴重です。

端的には、時間の貴重さがわかるのでスピード感が無くてはなりません。しかし、スピード感の合わない人と仕事をするのは、辛いものです。

スピードと自己成長をプロデュースで磨く手段をお伝えします。

スピード感のある仕事をするには、もうPDCA(計画・実行・検証調整・行動)のサイクルでは間に合わないのです。

そこで、お勧めするのが、OODAサイクルです。

 現代は、情報化時代すぐに適当なサンプルが手に入り、求めている情報にアクセスできる時代です。

このサイクルならPDCAよりも高速で回せます。

次に自己成長サイクルTEFCASをご紹介します。

Trialsの試すことから始まり、最後はSuccessの成功に至る道ですが、最大のポイントは、実際にいろいろ何度も試して見ているかと学んだ結果をCheck確認しているかということです。

それからSuccess成功とは、目的を達成することだと思いますが、目的が大きくなる毎にサイクルも何回も何回も繰り返しスパイラルに成長させることがポイントです。

その場合、1サイクルごとのSuccess成功とは、大きな目的を達成するために必要な目標・マイルストーンの役割を果たします。

目的を達成するために必要な各サイクルでの目標を逆算して設定しておき、1サイクルごと目標を達成していけば、最後は必ず成功するのです。

今回は、プロデュースでも役立った2つのサイクルをご紹介しました。

是非ご活用ください。

2021.12.22 Dan Ebihara(海老原 団)

カテゴリー
未分類

STEAMロボットビジネスプロデュース概略

未来型近現代の技術を扱うこと。

そして先端技術力を引き出しに製品をつくりして商品化して世に送り出す。

  • 個人や小集団に眠る才能や技術を開発する。
  • それらは、知的財産としてストックし優れた製品を生み出すことに努める。
  • できるだけ新鮮な商品技術を扱う。
  • 展示モニタリングや宣伝によって技術や商品の魅力を顧客に伝える。
  • 世界標準で営業・販売・広報PR活動をする。

ロボットビジネスプロデューサの三大要素

  • 技術者や工学者がデザイン・開発・設計するのをサポートする
  • 製品化から商品化までかかわり市場投入へとまとめて行く
  • 市場公開から世界へ向けた製品発売と情報発信をする

人材発見と調達するための心構え

・できるだけ良いデザインの物、技術力の垣間見えるモノを探し、それを生み出している

会社組織も含めて実際見聞に行くこと

・分け隔てなく販売会や販促会場を覗くこと

・大学の研究室などにもできるだけ見に行き確かめる

・多くの国際展覧会の会場に参加すること

・技術工学系の大学や工業高校の授業に関係すること

・講演や研修を引き受けること

ポイントは、ジャンルを限定せず横断すること、自分の主観でチャネルを決めないこと

ビジネスプロデューサーに求められる能力は何か

それは、ビジネスの手腕と能力や才能を正確に判断する能力である。

2021/11/12 Fry Dan_Ebiahra

カテゴリー
未分類

個人でもプロジェクトを組めば、大きな仕事に取り組める

~STEAMロボットビジネスプロデュースを発端として~

僕が個人事業主支援協会の会員になっている一つの目の理由は、少なからず多くの人が賛同し加入している厚生年金健康保険への加入ができることです。

そしてもう一つの理由は、協会運営側事務局の承認と声掛けマッチングなどのサポートを得られるなら企画やプロジェクトを立ち上げ、この先個人では引き受けることが難しい大きな仕事案件をプロジェクトチームとして請け負うことが出来る可能性があるからです。

請負うことの契約上のリスクはあるものの、それは大抵の個人事業主なら契約あるなし以前に、商慣習として暗黙の約束を受け入れていることと同意です。

そもそもリスクのない事業などないのですから、「私の仕事にはリスクがない」などと思うことは、幻想でしょう。

リスクの大小度合いはあっても、リスクの本質は変わりません。

各個人受け持つステージパートの責任を持つことで、分担してリスクを乗り越えることができるのがプロジェクトのメリットだろうと思います。

さらに責任を持つことによるメリットは、それだけ収入にも反映されてくるという現実があります。自ずと好収益、高収益を目指すことがフリーランスの立場で出来るのです。

そのようなことから、僕は某ビジネスプロデューサーとして経験を積んで行きたいと考えています。

それから、プロデューサーが現場で一番偉いとか権限の幅を利かせて何かを強要するなどということはありません。

無論、リーダーシップを果敢に発揮してトップダウンで行うプロデュースもありますが、寄り添い型のコーチのように行うプロデュースもあるのです。

いずれにせよプロジェクトチームを組んだら、信頼関係と個々人の仕事の分担のより、企画と計画を念頭にプロジェクトの目的達成のために仕事を進める立場はあります。

しかし、面子とかいう個人的プライドによるのではなくプロジェクト運営上の便宜的な役務としての上意下達ということです。

僕は、上記の意味でプロジェクトを組みたいと思います。

2021/11/12 Fry Dan_Ebihara

カテゴリー
未分類

商品開発要件

ロボットと商品開発プロセスについて

【商品コンセプト開発】

1.全社的戦略

2.製品市場戦略

3.年度計画

4.開発計画

5.個別コンセプト作成

【商品設計】

6.試作品作成

7.マーケティング施策・商品仕様

【生産・販売計画】

8.販売計画

9.製造計画

【市場導入】

10.育成計画

上記、1から10までの流れで商品は市場に投入され浸透していきます。

どれも重要な項目ですが、近年生活に必要な物は。各家庭内に普及しており消費者が次に何を欲しがっているか見えにくくなっています。

近い将来、商品開発や製品モデル開発にもトータルサービスとして人工知能を応用した開発の自動化が導入される日が来るでしょう。

2021/09/25 Dan_Ebiahra

カテゴリー
未分類

ロボット開発の要1

実際開発に着手する前の段階

開発の着手前には、一般的に市場リサーチが必要と言われていますが、実際にはどうなのか開発企画に聞いてみました。

今回は、開発前の準備において大切と思うことをまとめましたので、ロボット開発、ロボットクリエイターの方の参考になればと思います。

先ず、市場リサーチや競合他社分析、顧客の要望精査などは、開発準備の一部に過ぎないと言うことがわかりました。

ですから、これを念頭に話を進めたいと思います。

開発準備には、3段階あります。

一段階目が、「開発テーマ探索と開発テーマ決定」です。

二段階目が、「開発テーマの評価」です。

三段階目が、「開発する製品の商品化までの企画と基本仕様の決定」です。

では、この三段階それぞれについて要点を見ていきます。

開発テーマは、市場と顧客のニーズを反映していなければなりません。

そこで、開発には大別して2つの流れあります。それが・戦略的開発と戦術的開発です。

戦略的開発は、中長期的視点に立った開発目標による開発を指向しており、経済政策的視点と技術予測的視点から先読みして開発テーマを決定します。

一方、戦術的開発は、今までの研究開発の成果、ユーザーからの開発要請や他社からの共同開発要請、営業によるニーズ探索、によって導かれます。

開発テーマの探索で大切なことは、テーマを一つに絞り込まずに多くののテーマを様々な視点から探索して列挙することです。

開発ニーズと開発シーズを見出すことです。開発テーマが、多数列挙されたら開発テーマ各々の整理と評価を行います。

評価といっても難しく考えることはありません。先ずは、似通ったテーマをグループ化して振り分けをしましょう。

そしてグループ内で結局その振り分けたグループのテーマはどういう意味設定なのかまとめます。それから有力なテーマに絞り込みます。

これは選択と配置、あるいは選択と集中化といってもよいかもしれません。時間も資源も資金も人材も能力も限られていることを念頭に行います。

有力なテーマに絞り込んだら、市場性と自社開発力を見極め評価します。より具体的に言えば、市場評価、技術評価、開発リスク評価をします。

市場評価する際には、顧客ターゲットを絞り込んで具体的かつ明確にすることです。顧客像を鮮明に具体化することで、余計なものはそぎ落とされ必要なものが浮かび上がります。

それは顧客にとっての具体的な便益であり、商品を手にした顧客が手に入れる結果になります。

技術評価は、他社技術と比べて相対的なものですが、絶対的に優れた技術があるべきでしょう。それが技術的な観点から絶対的な有利な条件になります。

そして評価の最後が開発リスクを、思いつくだけ考えておくことです。これは、最悪の事態を想定するということにもなるでしょう。

楽観的なシナリオがいくつかある一方で、最悪のシナリオも常にいくつも存在します。予想外の事態にも対応できるような体制まで考慮できれば上出来です。

いよいよ開発準備最終段階です。開発する製品について、パッケージや最終的に顧客提供する商品としての姿、さらには商品のライフサイクルまで考えて

商品企画と製品仕様として開発要員の人選と開発資材や予算を見積もらなければなりません。                                                                                   

商品が生産され売れ続けて行くには、今まで述べた制約を考慮して、商品価値>>商品価格>コストという条件を満たす必要があります。 

開発する製品の商品化までの企画と仕様の取り決めるにあたって、商品のライフサイクルを考えてみましょう。

ライフサイクルとは、原料や部材調達から生産され、製品となり、商品として流通し、アフターメンテナンスを受ける中でリペア、リユースされ、最後はリサイクルして再生産化されるまでです。

つくり出されるモノの一生を見届けるつもりでロードマップ化しておけば、環境にも配慮されたエコ商品としての価値も向上します。

それから市場を蔑ろにして技術偏重化した商品にありがちなのが、機能を盛り込みすぎてしまうことです。

顧客が本当に望む結果を最適な状態で、タイミングよく届けてあげることが良いサービスだと思います。それからブランド化も見落としてはいけません。

より良いものを見た目にもよく信頼の証として末永くご愛顧いただくためにブランドの育成はとても効果的だと思います。

ブランドというと高価なモノばかり思い浮かべがちですが、決してそうではりません。ブランドの本来の目的は、他商品との区別です。

真似されてまがい物が市場に出回ってサービスや信頼の質が落ちることがないように商標の取得や利用も考慮しておきましょう。

開発メンバー選定と予算確保について、少数清悦の選択ができれば申し分ないのですが、人材難の昨今優秀な開発メンバーばかりを集めるのは難しいでしょう。

であるならば、普通の開発メンバーを天才チームに仕立て上げるしかありません。「天才チームのつくり方」を参考にしてください。

チームリーダーを核としたチームワークと使用する意思疎通言語の統一、共通の認識、ビジョンの共有などができればいいですね。

予算はあるに越したことはないようでいて、無駄にあるのも困りものです。予算はギリギリかやや足りないくらいの方が制約条件下で良いアイデアが出るものです。

今回はここまで、“開発着手前の準備について”順を追って見てきました。

追伸、ビジネス名を欧米でも通称できるように和名のKansai から Dan に改めましたので、今後とも宜しくお願い致します。

2021/08/31  Dan_Ebihara

カテゴリー
未分類

データサイエンスとロボット考

ロボットビジネスに見る未来予想

データ科学を調べてみると

データを用いて新たな科学的および社会に有益な知見を引き出そうとするアプローチのことであり、

その中でデータを扱う手法である情報科学、統計学、アルゴリズムなどを横断的に扱う。

データサイエンスを、統計的、計算的、人間的視点から俯瞰することができよう。とあり、

それぞれの視点がデータサイエンスを構成する本質的な側面であるが、これらの3つの視点の有機的結合こそがデータサイエンスという学問の神髄といえる。ともあります。

散らばったデータの集合を分析して、何かの脈絡、法則性を探索しその科学的データに基づき何らかのデータの傾向やデータの法則性の発見を提示表示するといった意味合いですが、データ洞察の科学といっても良いかもしれません。

それとロボットビジネスやロボットその物と何の関係があるか言及しましょう。

僕の考えるロボット群は大いに関係してくるのでする。ロボットが人工知能と人工精神搭載、インターネットやエクストラネットなどと連携したコミュニティーを通した通信環境下にあるロボットです。

しかし、そもそもIoT社会は何を標榜としているのでしょうか、よく言われる犯罪撲滅的な監視社会なのでしょうか。

僕はIoT社会は、社会生活の明確化あるいは家族個人間の透明化を標榜するのではないかと考えます。

そしてロボット間での相互のデータ交流とコミュニティーでの活動によって、人工精神の発達を促進させるのです。

すべてのロボットの知能がクラウド上にあるのとは違って、コミュニティーごとなので、コミュニティによる知能や精神発達の差異は出ると思いますが、そにれによって独特なコミュニティーごとのロボットが出来ると考えています。

また、コミュニティー同士の差異の埋め合わせなども考えられ知能や精神の平準化も図れるかもしれません。

また、職能集団的なコミュにティーのロボットは、専門知を開発蓄えることができるはずです。

僕のこのような考えによれば、ロボット、人工知能、IoTモノのインターネットそれぞれの長所を助長するだけでなく明確な社会意識をもった総合的でかつ相互にインタラクティブな開発ができると思います。

更に、統計と確立を基礎的なバックグラウンドとしたデータサイエンスの発展にも貢献するでしょう。

ビックデータの時代に、売り買いするほどの大量のデータの山を手に入れるというのは、考えてみれば山積したデータの山から金脈やダイヤモンドを発掘する行為と変わりないように思います。

目的はやはり、ビジネス上の金脈だったり、社会生活での個々人のもつ傾向や集合的予知をしたいのであってそれらは、危機リスク管理と連続して宝石に値するデータ価値を持つのでしょう。

今月は、そのようなことを思考しました。

2021.07.25 Sun Kansai Ebihara

カテゴリー
未分類

【働き方改革2021】個の時代から、個がつながる時代への飛躍

働き方改革が推進されて数年経過するが、その背景にはデジタルトランスとオンライン(常にインターネットにつながれる)状態が、生活に浸透してきていることが挙げられると思います。

時代は、個人でも活躍しやすい時代へとシフトしているし、人工知能がこの先も発展を続けて、知能の完成度をインプットとアウトプットの両面で高めていけば、いずれ人知を超えるでしょう。2045年問題(技術的転換点)というのは、一つの目安に過ぎないけれど、それは日に日に近づいて迫っているのです。人工知能が私達の仕事を代替えする時代において、しばらくは労働の価値認識を変えなければ成らなくなってきています。

そこで、今回ロボットビジネスに触れないのは、個の力の増大と個がつながる時代を踏まえて無形資産の開発や活用に着目した相談に乗ることをサイドビジネスにしたからです。

 なぜかといえば、時代はどんどんバーチャル化して仮想現実世界に没入する時間が増えているからです。オンライン3Dゲームも(例えば、ファイナルファンタジーやドラゴンクエストとか、モンスターハンターなども3Dになって珍しくなくなってきています。) 

バーチャルな世界観の中にあり、スマートフォンの中の様々なアプリケーションサービスの世界もリアルとバーチャルの境界がなくなってきています。無形資産にかかわる情報リテラシーを身に着ければ、有形資産とは全く別の付加価値として開発・形成・活用することができます。本物と偽造品との真贋の区別もつくようになると思います。

デジタルの良さは、転送しやすさと劣化しないことなのですが、それがかえって偽物や海賊版を生み出しやすくなっているという事実は皮肉とも言えます。ただこうした問題も目に見えないステルス記号やステルスコードを作品に埋め込むことで回避できます。

そもそも論として、有形資産と無形資産の例を画像として張りましたが、個の力の才能開発が欠かせない時代になっていると思いませんか。

これはまさにビックデータの時代の到来です。この傾向は今後ますます強まるでしょう。

そして何度も言いますが、これが個の力の増長です。それも人と人が繋がって意味のあるものになるのですから、ネットワークを築きましょう。それは今日の働き方改革の源泉でもあると思います。

2021/06/21 Ebihara_Kansai

カテゴリー
未分類

【番外速報】テレビ視聴ロボットから考えたこと

「テレビ視聴ロボット」とは、興味津々で雑誌をめくり読み込んでみた。

出典は、NHK技研 R&D  2021年冬号No.184からで、ちょっとばかり寝かせてしまった情報である。

テレビ視聴ロボットは、分類的にはコミュニケーションロボットであり、エンターテイメントやコンパニオンロボットとも呼ばれる。

「癒しや」「楽しさ」「なごみ」を人に与へたり、助長するロボットである。

最近、ソーシャルなアンケートで、日本人の半数近くがロボットと同居をしてもいいという結果を発見した。

ただ、どのようなロボットとの同居が望まれるのかについては、おそらく人それぞれだろう。

そこまで具体的に突っ込んだアンケート結果ではなかったが、僕は内心でワクワクしてしまった。

話をテレビ視聴ロボットに戻すとテレビ視聴ロボットは番組連動のロボットに関する提案であったりするのだが、自律したロボットではないようだ。

あくまでもテレビありきのロボットであり、視聴時に動作の付帯するロボットのようだ。

ただ難癖をつけるわけではないのだが、ロボットという商品への価値観が貧弱である。

それは、ロボットの実質的機弱さであり、生活環境にロボットを導入する対費用効果の経済性の悪さ、個人がロボットに求める技術的課題の妄想的過大な期待感が問題の様である。

これは、ロボットの未熟さであり、未来社会に対する我々の未熟さだと思う。

また、これらの課題は、テレビ視聴ロボットに限ったことでなく、サービス型ロボット全般にみられる問題だろう。

この課題の整理にはシンギュラリティのような技術的転換点が来なければならないしその転換点を見越して、ロボットとの共創社会について考え直さなければならないだろう。

極めて人間的な欲求や欲望、感情的な所作によって我々人間がどんなロボットを求めるのか、ロボットは我々の生活にとってどうあるのが理想的なのか。

そんなことを考え直す必要性があるのではないかと考えた。

ロボットの社会学であり、ロボットの経済学であり、ロボットの環境学であり、ロボットとの行動科学、ロボットとの生活学などなどあるだろう。さて、豊かに生きる上で本当はロボットに何を求めるべきだろうか。

不適切な表現かもしれないが、何であれそれが貴方の愛からであって欲しいと願うのは、僕だけだろうか。

2021年5月26日 Kansai_Ebihara

カテゴリー
未分類

ロボワールド構想2

ロボットのテーマパークは、未来予想図であるという話をしたいと思います。

トヨタ(TOYOTA)は、静岡県裾野市に「ウーブン・シティ(Woven City)」と呼ばれる、

実験都市を開発するプロジェクト「コネクティッド・シティ」をスタートしました。

この未来都市が未来の一つの形になるのかもしれませんが、本当に都市を造るとなると

法規制や安全上の懸念など問題があると思います。

テーマパークにしても同様ですが、構想実現のために乗り越えなくてはならない問題です。

また、構想実現のためには、構想の企画と計画に未来の展望を盛り込まなければなりません。

概要設計と詳細な個々の設計図、事業計画、参入する企業や協賛する会社や団体などを選定

、構想企画をプロジェクトとして運営する会社の設立から事業ファンドの募集、人材の集約・雇用も必要です。

実現は、楽しい仕事ばかりではありませんが、未来生活世界を供給し続けていく理想的な

テーマとして超国家的にテーマパークづくりをしたいと思います。

そこで、ディズニーランドを実例にとればイメージしやすいでしょう。

僕は、東京ディズニーランドの成り立ちの資料や情報を秘かに集めています。

もしテーマパークを実現して輸出するとなると日本独自の発信では失敗に終わるだろうと考えています。

インターネットとSNSを駆使して、他国のキャラクター企業やロボット産業の人々と

つながりダイバーシティで組織やグループなどで多様な人材を登用し、声を取り入たり、

それぞれが持つ違った能力をいかす必要性があると思います。

ロボワールド構想のテーマパーク計画は、大きな事業計画であり、小さな都市計画でもあるのです。

僕は、構想内に様々な未来図を盛り込み、ロボットのテーマパークに未来予想を描こうと思います。

個の力が活かされる場所として、そしてロボワールド実現の暁には日本各市区町村に

ロボットと親しめ協働、共存、共生するお店や家庭が増えることを願っています。

2021年5月22日 Kansai_Ebihara

カテゴリー
未分類

ロボワールド構想1

ロボワールド構想(ロボットのテーマパーク世界)

ロボワールド構想は、簡単に言ってしまえばロボットのテーマパーク構想です。

テーマパークは、構想と誘致そして運営実現までのプロジェクトが成否を握ると思います。

夢と未来の技術とロボットで、我々の生活に寄与する何が実現できるか。

どんな未来世界が待っているか、世界像をシャアし実感と体験をして楽しんでいただくのが目的です。

5つのワールドタウン(ゾーン)とその後に開発される3つの新旧未来を模した環境圏で構成されます。

「古の伝統との共存 新たな伝統の開花共栄 そして世界の伝説へ」と来場者を誘います。

現代芸術がモニュメントに化け、建造物や構造物、巨大な空間、迷路のような迷宮なども楽しみの

一つです。

ファクトリーパワーゾーン、キャラクターとエンターテイメントゾーン、癒しと和みのゾーン、

学びと未来のゾーン、ライフステージとライブゾーンです。

各ゾーンはゾーンパスを通すことでコミュニケータが案内してくれます。

外周を自動運転の移動体に乗り込み各ゾーンへ巡回移動できます。

おいしいドリンクやフルーツを楽しめます。多国籍料理、無国籍な創作料理、宇宙食が食べられます。

予約制で未来の家に家族からシングルまで宿泊できます。

シングルの方はシェアハウス利用として多様な人との交流を体験していただけますし

シングルワーカーや恋人たちは、未来的なホテルや宇宙的な宿泊施設で夜を過ごすことが

できます。

人工精神と人工知能が、働いている稀にみる人工電脳オートパスシステムでロボワールドは

運営されます。

少し気がかりな所があるかもしれませんが、これはまだ構想の概要の一部にすぎません。

でもこの構想の実現は、ロボットビジネスプロデューサとしての僕の念願です。

2021年4月4日 Kansai_Ebihara